知覚過敏かも?

気温も上がり、じめじめしたこの季節、冷たい飲み物やアイスなどについつい手が伸びてしまいますよね。

そんな時に気付くことがありませんか?

あれ?歯がしみる… いや、気のせいだよね(-_-;) 一度はあると思います。

それって知覚過敏かもしれませんよ。

知覚過敏はむし歯がなくても症状があらわれます。

冷たいものだけでなく、熱いもの、甘いもの、酸っぱいものにまで反応するんです。

主な原因としては、日中の食いしばりや就寝中の歯ぎしり。歯ぎしりはなんと!100㎏もの力が歯にかかるそうです。

徐々に歯のエナメル質が削れ、神経の象牙質が出てきてしみるとういう流れ。

歯ぎしりはご自身ではわかりにくいので、ご家族やパートナーに一度確認してもらいましょう。

食いしばりのセルフチェックは舌の側面にボコボコとした痕があったら、食いしばりがあるとみて良いと思います。食いしばりは顎関節症にもなりやすいので、なるべくリラックスして日中を過ごしましょう。

日々のケアとして、歯磨きはもちろん、特におすすめなのがデンタルフロスです。歯周ポケットにまで入り込むのでしっかりケアできます。

就寝中につけるマウスピースも予防のひとつです。

知覚過敏を放っておくとやがて歯周病になります。歯周病は糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞のリスクが高まります。

むし歯がなくても定期的に歯のメンテナンスはとても大事だと思います。

マスクを取っても自信を持って笑えるようにしたいですね(o^―^o)ニコ

千葉駅加圧トレーニング マハロ加圧スタジオ

谷上智子(やがみともこ)

前の記事

梅雨を乗り切るために